一般毒性試験

食品や医薬品の安全性を評価する試験法です。
短期間または長期間曝露する試験法のほか、発がん性や発がん誘発性の有無を調べる試験法、 光毒性反応を調べる試験法などがあります。

単回投与毒性(急性毒性)試験

目的
試験する医薬品、化学物質、医療材料の抽出液などを動物(マウス、ラットなど)に、口や静脈、皮膚などから1回投与して、 どのような毒性変化が見られるかを明らかにする目的で行います。
動物種
マウスまたはラット
検査項目
一般状態の観察、 体重測定、病理学的検査(肉眼的観察、病理組織学的観察)

反復投与毒性試験

目的
試験する医薬品、化学物質などを動物に2週間から1年間毎日投与または医療機器を埋植して、どのような毒性変化がどのような程度で見られるかを明らかにします。
概要
投与または埋植期間は被験物質の種類や使用目的、試験目的により決定され、28日間、90日間、6か月間および1年間等があります。 繰り返し投与した場合に認められる変化を種々の手法で観察し、明らかな毒性変化がみられる用量での、その毒性の種類および程度を明らかにするとともに、 毒性変化が発現しない量(NOAEL)や生体に反応が現れない量(NOEL)を求めます。
動物種
マウス、ラットまたはウサギ
検査項目
一般状態の観察、体重測定、摂餌量、摂水量、尿検査、血液検査(血液学的検査、血液生化学的検査等)、眼科学的検査、 病理学的検査(肉眼的観察、器官重量測定、病理組織学的観察等)
眼底検査