免疫毒性試験の詳細を説明します。

免疫毒性試験

主にアレルギーを調べる試験です。

感作性試験

皮膚感作性試験
代表的な遅延型アレルギーを調べます。Maximnization testとAdjuvant and Patch test、 Buehler testが有名。いずれもモルモットに被験物質を数回感作投与した後、惹起を行い、皮膚反応を観察します。

Local Lymph Node Assay (LLNA)

遅延型アレルギーを調べます。
マウスの耳介に被験物質を塗布した後、3H-thymidineを静脈内投与し、所属リンパ節でリンパ球の増殖が活発になっているかどうかを調べるます。

LLNA概要

(クリックすると拡大します)