安全性試験の概要について説明します。

食品・医薬品・化学物質等の安全性試験

安全性試験には次のような項目があります。

一般毒性試験

食品や医薬品の安全性を評価する試験法です。
短期間または長期間曝露する試験法のほか、発がん性や発がん誘発性の有無を調べる試験法、光毒性反応を調べる試験法などがあります。

免疫毒性試験

主にアレルギーを調べる試験です。

遺伝毒性試験

化学物質や医療機器の遺伝子突然変異誘発性の有無について調べます。変異原性を調べる方法として、下記のようなin vitroおよびin vivo試験系があります。

局所刺激性試験

局所刺激性試験は、医療機器等が生体組織と接触した場合、その局所に対してどのような影響を与えるかを評価するための試験です。

微生物学的試験

医薬品、医療機器、工業製品等についての微生物学的手法を用いた試験です。

再生医療等製品に関する試験、その他の試験

再生医療分野またはin vitro抗がん活性に関する試験が実施可能です。

その他受託検査