発熱性物質試験

発熱性物質試験とは、微生物由来の発熱性物質に汚染されていないことおよび発熱反応を起こすような溶出物が存在しないことを確認するための試験です。

試験法
エンドトキシン試験
発熱性物質試験

医療機器ガイダンスと試験法

発熱性物質試験単独での実施であればJP、USP、EPのどの試験法でも可能です。
同時に実施する試験が準拠するガイドラインや申請先を考慮して試験法を選択します。

試験の実施

入荷から試験実施まで

本試験の実施

作業工程はJP、USP、EPそれぞれ試験法により差はありませんが、実施内容が異なります。
詳細につきましては、お問い合わせください。

結果の判定

[投与後の体温]