異常毒性否定試験

生物学的製剤を対象とした動物試験で、投与後の一般状態、 体重変動など、製剤ごとに定められた検査項目を指標にその異常性を調べます。

使用動物
モルモット
概要
一定量の生物学的製剤をモルモットの腹腔内に投与し、7日間以上観察します。観察期間中、 いずれの動物も異常(体重減少も含む)を示さないとき、試験に「適合」とします。一般的な試験法とは異なり、全身毒性反応がないことを確認する試験です。

体重推移

(クリックすると拡大します)

精度管理的取り組み

投与手技検証試験

検証試験

モルモットの腹腔内投与の精度を確保するため、投与担当者を対象に信頼性保証部門の立ち会いのもとで投与手技検証試験を実施しています。


(クリックすると拡大します)

発熱性物質試験

注射剤等にエンドトキシンを代表とする発熱性物質が混在していないことを調べます。

使用動物
ウサギ
概要

体温推移

健康なウサギに試料溶液を静脈内投与し、投与後3時間にわたり体温(直腸温)を測定して異常な体温上昇を示さないことを確認します。 現在では代替法の 「エンドトキシン試験法」が広く普及していますが、この「エンドトキシン試験法」が適用できない場合に必要となる試験です。



(クリックすると拡大します)

精度管理的取り組み-1

投与手技検証試験

検証試験

ウサギの静脈内投与の精度を確保するため、試験担当者を対象に信頼性保証部門立ち会いのもと投与手技検証試験を実施しています。


(クリックすると拡大します)

精度管理的取り組み-2

技術的精度の確認

技術的精度

発熱性物質試験の感度と投与者の精度を確認するため、投与手技検証試験に合格した者を対象に、1群5匹の計3群の動物に濃度が異なるエンドトキシン溶液をそれぞれ投与し、 その体温上昇度から相関係数を求め、試験系の感度と投与者の技術的精度を確認しています。


(クリックすると拡大します)

ヒスタミン試験

医薬品中のヒスタミンおよびヒスタミン様物質(血圧降下物質)の存在を調べます。

使用動物
ネコ
概要
ネコの血圧を観血的に測定し、 ヒスタミン投与による血圧の降下反応と医薬品投与による血圧の反応とを比較して医薬品中のヒスタミンあるいはヒスタミン様物質(血圧降下物質)の存在の有無を検査します。

試験操作手順

操作手順

標準ヒスタミン液(1 μg/mL)を0.05、0.1、0.15 mLをそれぞれ5分以上の間隔をおいて投与し、この投与を1系列(系列投与)とします。系列投与を数回繰り返し、 ヒスタミンの一定量の投与で起こる血圧降下が比較的一定になった時、系列投与をやめ、この時のヒスタミン0.1 μg/kgによって起こる血圧降下(20 mmHg以上)を、 試料溶液を投与する際の基準とします。試料を投与した時に起こる血圧降下が、ヒスタミン0.1 μg/kgの投与によって起こる血圧降下よりも小さい時、「ヒスタミン陰性」と判定します。


(クリックすると拡大します)

精度管理的取り組み

技能研修

技能研修

試験担当者は、専用の教育訓練プログラムによる技能研修を実施しています。


(クリックすると拡大します)