外部精度管理調査の概要

食品衛生外部精度管理調査について

食品衛生検査は健康被害を防ぐためのひとつの手段として実施されていますが、より正しい検査結果を得るためには、各検査機関における信頼性保証の取り組みが重要となります。 そのための代表的な方法として精度管理が挙げられます。
食品衛生外部精度管理調査は、検査施設における信頼性確保を目的とした「食品衛生検査施設における検査等の業務管理」(食品GLP)の施行に伴い食品衛生法施行規則に規定されるものであり、 食品衛生検査施設および登録検査機関では外部精度管理調査への参加が求められています。 当財団では、平成9年度より厚生省(現厚生労働省)から食品衛生外部精度管理調査実施機関として具備すべき要件の適合の確認(「食品衛生検査施設等の外部精度管理調査の実施機関について」、 平成9年4月1日衛食第118号)を受け、食品衛生検査に関わる外部精度管理調査を実施しています。
一方、民間の検査機関(品質管理業務等を含む)につきましては食品衛生精度管理比較調査(技能試験)への参加となります。各参加機関へ提供される調査試料は外部精度管理調査、 比較調査とも共通であり、統計解析を行う際の対象データ数が異なるのみとなります。

検査結果の秘密性の保持

各参加機関より提出された検査結果は、年度ごとに設定される個別のコード番号のみを用いて集計、解析されます。そのため、総括報告書中において機関名が特定されるようなデータ等への記載が行われることは一切ありません。


これまでの実施項目


■ 理化学調査

 調査項目  調査対象物質  使用基材
 重金属  カドミウム、鉛  清涼飲料水、米
 食品添加物  定性検査
  酸性タール色素中の許可色素
 定量検査
  サッカリンナトリウム、
  安息香酸、
  パラオキシ安息香酸エステル類、
  ソルビン酸
 清涼飲料水、つゆ、
 漬物、しょう油、
 シロップ、ゼリー菓子、
 果実ペースト、ジャム、
 みそなど
 残留農薬  クロルピリホス、フェニトロチオン、
 マラチオン、ダイアジノン、
 フェンチオン、フェントエート、EPN
 にんじんペースト、
 ほうれんそうペースト、
 かぼちゃペースト、
 米油、とうもろこし油
 残留動物用医薬品  フルベンダゾール、スルファジミジン  鶏卵、鶏肉ペースト

■ 微生物学調査

 調査項目  使用基材
 一般細菌数測定  そば粉、寒天状基材、ゼラチン基材
 大腸菌群  マッシュポテト、ハンバーグ、つみれ
 E. coli検査  マッシュポテト、ハンバーグ
 腸内細菌科菌群  ハンバーグ
 黄色ブドウ球菌  マッシュポテト
 サルモネラ属菌  マッシュポテト、液卵
         

■ 動物を用いる調査

 調査項目  使用基材
 麻痺性貝毒  ホタテガイペースト

動物を用いる調査は食品衛生外部精度管理調査のみで実施しています。民間の検査機関はご参加できません。また、動物を用いる調査は機器分析でのご参加はできません。
当該年度の実施項目および試料基材は「最新情報」をご参照ください。