ようこそ。食品薬品安全センターのWebサイトへ。

食品衛生外部精度管理調査について説明します。

栄養成分検査の外部精度管理調査

更新日:平成30年6月1日

一般財団法人食品薬品安全センター 秦野研究所では、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所と共同で、「栄養成分検査の外部精度管理調査」を実施しています。本外部精度管理調査の実施スキームについては添付のPDFファイルをご参考ください。
なお、本外部精度管理調査への参加を希望される場合には、「外部精度管理用お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。


平成30年度の実施内容
調査項目熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、
食塩相当量(ナトリウム)、水分、灰分
調査試料ソーセージ
結果の報告数最も確かと考えられる代表値1つとする。
ただし、報告するにあたり複数回の測定を行うことは
可とする。
調査試料の発送日平成30年8月17日
結果の報告期限日平成30年9月18日
参加機関への報告書の発送日平成31年1月を予定

栄養成分検査の外部精度管理調査は以下の体制で実施します。
発送、統計解析:一般財団法人食品薬品安全センター 秦野研究所
調査試料作製 :日本ハム株式会社中央研究所
品質評価試験 :国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所


      

内部精度管理試料(余剰試料)の販売のお知らせ

栄養成分検査の外部精度管理調査および精度管理比較調査への参加機関を対象に、外部精度管理調査および精度管理比較調査で使用したものと同じ調査試料を 内部精度管理試料(余剰試料)として販売いたします。本試料は外部精度管理調査での平均値を付与値として採用することから、報告書の発送後(平成31年1月)の提供となりますことをあらかじめご了承ください。
内部精度管理試料(余剰試料)の購入に関するお問い合わせは、「外部精度管理用お問い合わせフォーム またはお電話にてご連絡ください。