当法人の公益事業について説明します。

食品薬品安全センターの公益事業

外部精度管理

■ 食品衛生外部精度管理調査について
食品衛生外部精度管理調査は、 食品衛生検査施設における検査等の業務管理(GLP)の施行に伴い食品衛生法施行規則に規定されるものであり、 平成9年度より当財団で実施しています。なお、民間の検査機関等を対象とした食品衛生精度管理比較調査も併せて実施しています。
食品衛生外部精度管理調査は、食品衛生法施行規則に示された調査のため、参加機関は国、地方自治体の検査機関および登録検査機関となります。 そのため、新規で登録検査機関として登録された機関は、食品衛生外部精度管理調査での参加となります。

医療機器安全性試験セミナー

2012年3月1日付で「医療機器の製造販売承認申請等に必要な生物学的安全性評価の基本的考え方について(薬食機発0301第20号) (別紙:医療機器の生物学的安全性評価の基本的考え方、別添:医療機器の生物学的安全性試験法ガイダンス)」が発出されました。 この中では、国際規格であるISO 10993シリーズとの調和がさらに図られています。
長年にわたり医療機器の安全性試験を行っております当財団では2009年9月より「秦野研究所 医療機器安全性試験セミナー」を開催し、大変ご好評を頂いてきました。