対照材料の詳細

細胞毒性試験用

陽性対照材料

培地抽出液を用いた細胞毒性試験 (コロニー形成試験) で、ガイドラインに示す中程度 (材料A) および弱い (材料B) 毒性を示す材料です。 なお、直接接触法には材料Bが用いられます。
材料 A:0.1% Zinc diethyldithiocarbamate(ZDEC)含有ポリウレタンフィルム
材料 B:0.25% Zinc dibutyldithiocarbamate(ZDBC)含有ポリウレタンフィルム

陰性対照材料

培地抽出液を用いた細胞毒性試験 (コロニー形成試験) で、ガイドラインに示す陰性対照として用いる材料です。 なお、直接接触法で使用する陰性材料は、和光組織培養用プラスチックシート、トルエン耐性 (和光純薬:カタログ No.160-08893 または No.162-09311) をご使用下さい。
材料 C:高密度ポリエチレンフィルム
※上記の3種類の材料には、シート (材料AおよびB:厚さ約 0.5 mm、10×15 cm、材料C:厚さ約 0.5 mm、10×3 cm) とカット品 (材料AおよびB:厚さ約 0.5 mm、約 2×15 mm、材料C:厚さ約0.5~1 mm、2×15 mm)があり、いずれも滅菌しておりません。 但し、ご要望がありましたらEOG滅菌済(40℃、6時間)もご用意します。

短期筋肉内埋植試験用

陰性対照材料

材料DおよびEは短期筋肉内埋植試験で、ガイドラインに示す陰性対照として用いる材料です。
材料 D:高密度ポリエチレンシート
材料 E:高密度ポリエチレンロッド<直径1 mm>

陽性対照材料

短期筋肉内埋植試験で、ガイドラインに示す陽性対照として用いる材料です。
材料 F :0.75% Zinc diethyldithiocarbamate(ZDEC)含有ポリウレタンロッド
※ Dは10×5 cm (厚さ約 1 mm) のシート、Eは 直径約 1 mm ×10 cm の円柱、Fは約 1 mm 角× 5 cm の棒状で、いずれも滅菌しておりません。

骨埋植試験用

陰性対照材料

材料Hは骨埋植試験の陰性材料として用いる材料です。
材料 H:高密度ポリエチレンロッド<直径2 mm>
※ Hは 直径約 2 mm ×10 cm の円柱で、滅菌しておりません。